年々上がるニャンゲル係数に立ち向かう日々。

猫養い奮闘記

左利き

左利きにとって左手用ハサミは持っていて損はないよ

更新日:

hasami01

小学校の頃、練習のため学校で買わされた小刀は「学年120人中2人しか左手用を注文していなかった」と先生に言われたことをふと思い出しました。
私が小さい頃は左利きだと右手で道具が使えるように「矯正」されてしまうことは当たり前だった気がします。

スポンサーリンク

だからかもしれません。
左利きは10人に1人の割合でいる」と何かで聞いたことがありますけど、実際周りにそんなに左利きの人いたかなぁと。
そう言いながらも私も左利きで小さい頃に箸と鉛筆だけは右利きへと「矯正」されたうちの一人です。

矯正というとなんとも「悪いこと」のような表現ですが、「将来苦労をしないように」という親心だったんだなと私は考えています。
小さい時からのことでしたのでよほど苦痛に感じることは殆ど感じませんでしたからね。(おバカさんだったからかも)

今でこそ左手用の道具も増えていますので、道具に合わせて利き手を変えるなんて必要ない時代ですよね。

中には「どうしても右手では道具が使えないから」と言って、右手用の道具を左手で使っているんじゃないでしょうか?
右手用の道具に慣れた左利きの人にもぜひ左手用のハサミの所持をおすすめします。

上の写真は実際に私が使用している左利き用のハサミたちです。(真ん中はヘンケルス、両サイドはPLUSのものです。)
台所に仕事部屋、様々なところで活躍してくれるんですよ。

でも、最初は「左手用使いづらい」と感じていた

キリトリ線に沿って切る」事が上手くできなかったのです。
キリトリ先に合わせたつもりがどうやっても余白が出る・・・・。

それもそのはず、本来ハサミは「内側から線を確認して切る」というのが普通なんですよね。

あまりにもナチュラルに外側から線を確認して切っていましたので、気がつくまでにはすごく時間がかかりました。
写真がわかりにくいんですけど、右利きの人は左手でハサミを持ってみてください↓
hasami02

慣れるとびっくり、手放せなくなる

刃のかみ合わせの問題で紙がハサミに挟まってしまい上手く切れなかったり、だんだん手が痛くなるということは全くなくなりました。
道具一つでストレスが減る典型的な例かなと思います。
これも一種の「ライフハック」。

今後も左手用グッズを紹介したいと思います。

\ シェアしてください /

-左利き

Copyright© 猫養い奮闘記 , 2017 All Rights Reserved.