お猫様

投薬補助おやつ「メディボール」が扱いやすくて初めての投薬でもとっても簡単!猫が薬を進んで飲んじゃうよ!

猫の投薬補助おやつMediball(メディボール)

「猫ちゃんにこのお薬を1日2回飲ませてくださいね。」なんて獣医さんも結構あっさりと言ってくれたりするものです。

実際問題「猫にお薬なんて飲ませたことがない」「そもそもどうやるかがわからない!」という投薬が初めてで悩んでいる飼い主さんも多くいることでしょう。

私も最初はその一人で投薬にはかなり四苦八苦しています。(現在進行系)

さまざまな方法を試すうちに特に投薬初心者である飼い主さんにうってつけなアイテムを近頃見つけてしまいました!

それは投薬補助おやつの「Mediball(メディボール)」。

実際に猫への投薬した動画などを交えて使用感などを紹介します!

-スポンサードリンク-

猫の投薬補助おやつ「メディボール」とは

株式会社ジャパンペットコミュニケーションズという会社が発売している投薬を助けるためのおやつです。
猫用だけではなくて犬用もあります。

会社名を上げてもピンとこないかもしれませんが、首都圏を中心に「ペット家族動物病院」という動物病院を11店舗、ペットショップを4店舗を展開しているそうですよ。
もしかしたら「ウチのコもお世話になっている!」という人もいるんじゃないでしょうか。

メディボールはペット家族動物病院に所属する獣医師さんが共同開発に携わり監修したおやつでして、かなりのこだわりを感じますね。

味は6種類!飽きずに与えられる


  • チーズ味

  • かつお味

  • ささみ味

かつお味、ささみ味、チーズ味の3種類がありましたが、2020年4月には新しく「ほたてシチュー味」「まぐろ味」「たら味」が登場して現在6種類と豊富です。
このメリットは大きいと思います!

猫はこだわりが強いですからね!
味を変えて与えられれば飽きて食べなくなるってことは少ないんじゃないでしょうか。

投薬用ちゅ~ると交互で使うとGOODかも!

メディボールの使用感・お薬の包み方

実際にどんな感じで使えるのか、どんなお薬に向いているのかを紹介します。

Mediball(メディボール)は15粒入り

パッケージの中にはコロンとした粒のおやつが15個入っています。

一日2回の投薬で1粒使うのならちょうど1週間で使い切れちゃう量です。

だいたい処方されるお薬って1週間分なのそれも考えられているのではないかと!

手のひらに載せたメディボール

手のひらに載せたメディボールのサイズは1.5cmくらい。
硬さは結構しっかりした印象ですが、半生タイプの粒です。

メディボールにお薬を包みます。

指先で潰して錠剤のお薬を載せてみました。
載せているお薬は猫の腎臓病のお薬「ラプロス」です。
小粒の錠剤ならばメディボールを半分にして使ってもいいかもしれません。

メディボールでお薬を包み終えた状態

潰したときはもそもそとした感じだったので「本当に包めるのかな?」と思いましたが、手のひらでお団子を作るようにくるくるとするときれいにお薬が隠れちゃいました。

お薬嫌いの猫に食べさせた様子(動画)

さて、包んだお薬を無事に飲めるかの動画を撮影!

まずは匂いを確認。その後はもしゃもしゃして丸呑みをしてくれました!

向いているお薬の形・種類

我が家にいる投薬が必要な猫達はさまざまな形状のお薬を使っています。
実際に使ってみて向き不向きがあるなと思いました。

向いているお薬の種類

・錠剤
・カプセル
・粉薬

完全に隠し込めますので苦い薬にはとっても向いています!

あまり向かないお薬

・シロップなど液体のもの

液体のお薬は包み込めないので練り込む感じかなと思いますが、せっかくの半生感がベチョベチョになっちゃうので、う~~~んといった感じですね。

粉薬や液体はカプセルにいれて包めばOK!

液体と粉薬はそのままだとメディボールで包みにくいので一旦、中身の入っていないカプセルを用意してから包む方法が良いのではないでしょうか。

5号サイズなら猫ちゃんにも向いています。

「おやつ」なので適量を守ろう

メディボールの使用量は1日4個まで

美味しそうに食べてくれるからついついたくさん与えたくなりますが、パッケージ裏面には「1日4個以内」と書かれていました。

特に病院で食事制限を指導されていたり、療養食を食べている猫ちゃんならば適正量以下での使用をおすすめします。

しょっ母さん
私はかかりつけの先生に使用を報告しました。

初めての投薬の旦那さんも満足な使用感でした。

実は私自身が入院する事になったために、私以外でも投薬ができるアイテムを投薬用ちゅ~る以外でも探していたんです。

実際に旦那さんに試してもらったら、

旦那さん

いつも大変そうに投薬しているのを横目で見ていたので、嫁(私)がいない時本当にできるかとても心配だった。
でもやってみたら、めっちゃチョロかった!

と感動しておりました。

初めてのお薬やりで心配している人はぜひお試しください!

-お猫様

© 2020 猫養い奮闘記